コウメスペース 中崎町フリーギャラリー(使用料金フリー)|大阪市|北区|中崎町

概要

大阪の中崎町にフリーで利用可能なギャラリー空間が誕生。Koumeうさぎが住んでいる中崎町のカフェの4階のスペースを、美術アーティスト様むけでギャラリー利用可能です。(7月2日時点ではまだ準備中です)

無料(フリー)利用が可能となりました。中崎町、大阪市北区におけるアート活動の足がかりとして、ぜひ気軽にご利用ください。

場所

中崎町 カフェマラッカ ロゴ Cafe Malacca Logo, Nakazaki-cho Osaka

中崎町カフェマラッカ

名称:カフェマラッカ
住所:大阪市北区黒崎町5−14
Web : http://www.cafemalacca.com

利用料金

展示主催者(アーティスト)

利用料無料です。ギャラリー訪問する人々がカフェのお客様となれば、ワンオーダーなので、カフェに利益がでます。したがってアーティストはギャラリー利用料は必用ありません。

来場者(ゲスト)

カフェのお客様としてご来店いただきます。1Fのカフェはワンオーダーです。コーヒー1杯からご利用いただけます。スペース見学のための追加利用料は必用ありません。

利用方法

専用ページを準備していますので、申請してください。
アーティスト様のポートフォリオをご提出頂きます。
ご希望期間、日時と一緒にポートフォリオの提出をお願いいたします。

利用条件

コウメギャラリーは芸術表現と政治、主義は切り離しはできないことを理解しています。したがって「政治・宗教と関係ない」といった条件はありません。「カフェマラッカと宗教政治概念が合う」アーティストの方々のご依頼を受けます。

コウメギャラリー中崎町の政治・宗教方針:

  • 市場資本主義を強烈に支援します。TPP、FTAなど自由経済を推進します。
  • 民間企業の活躍と、市場の判断が最優先であると考えます。
  • その地域の法律、憲法が最優先です。最低限これは守る必要があります。
  • 階層社会、封建社会は旧来のものであり、一般市民が活躍できる自由な社会が理想です。
  • 防衛のため、日本の核武装は当然であると考えます。
  • 宗教、国籍は様々な人がいることを理解します。だれもが他人に害を与えない限りは主張をすることは自由です。害がある場合、その地域の法律に沿った処理がなされるべきです。

背景

今回、ご協力店舗となるカフェマラッカのオーナーは米国へ美大生として留学中に、様々なアーティストが活躍し易い環境があることを実感しました。無名のアーティストが作品を発表したり販売する方法がありました。また発表だけではなく、バイヤーや購入者とつなぐ環境も充実していたのです。

一方、日本では何もかもが米国に比べて遅れています。有名な美術家や芸能人は大きなバックグラウンドがある人が大半(親が金持ち、代々芸術家とのつながりがるなど)で、封建的な社会があり、新規のアーティストの活躍の場がありません。芸能人も、有名なアーティスト、プロスポーツ選手も大半が資産家の息子や芸能人の家族、有名な会社の幹部のエリート血筋などであることはみなさんがご承知のとおりです。まったく何もない人が活躍できるような場所は日本にはありません。したがって日本は個人の芸術家が新規で活躍するという観点からは完全に後進国でした。

カフェマラッカ経営陣は日本という地域が大好きで、日本の発展と強い経済力の維持が必用だと考えます。芸術活動においてもそうです。芸術家が自由に発表できる場を提供することが、将来の日本において必用なのではないでしょうか。この理由からコウメスペース中崎町フリーギャラリーを立ち上げました。

コウメスペースでは、このような社会的なエコシステムが日本の民度の向上につながり、結果的に他の経済活動や研究活動を促し、米英に競り勝つことができる強靭な国家に再興貢献できるアーティストのためのエコシステムと考えております。

 

管理

運営 : 株式会社小梅

経営、デザイン:小梅製作所

以上